施工事例

【ドライブシャフトブーツの交換】クロスポロ

00
整備

メーカー: フォルクスワーゲン

車名:クロスポロ

年式:H19年式

施工内容:

定期点検で来店されました。
点検中にドライブシャフトブーツが破れていたので
緊急入院です!!( ̄0 ̄;)

ドライブシャフトのジョイント部には、
回転を円滑にするためにベアリングが用いられており、
これを潤滑するためにグリースが充填されています。
それらを路面等の異物( ホコリ、石、水等)から守るために、
ドライブシャフトブーツで包んで保護しています。

施工の流れ

02

STEP1

STEP1

点検時に発見したドライブシャフトブーツの破れです。
グリスが飛び散っていますね。。。。。(;´Д`)

03

STEP2

STEP2

ドライブシャフトを外してみました。
完全にパックリとちぎれていますね…(- -;)

04

STEP3

STEP3

ドライブシャフトブーツを交換していきます。
バンドを外し分解します。
砂等が付着していたので全てのパーツを綺麗にしていきます。
トラブルの元になりますので、新品同様に綺麗にしていきます!!

05

STEP4

STEP4

綺麗にしたパーツを組立てて
新しいドライブシャフトブーツに交換し、
グリスを充填したらバンドを締めて
ドライブシャフトブーツ交換完了です。

車体に組み込み、動作確認・試乗しネジの締め忘れや、
異音が無いかチェックして、
問題が無ければ、お客様へ納車です。
これで安心して快適に走れます。(*^o^*)

ドライブシャフトブーツは、ゴム(あるいは樹脂)製品であるため、
どうしても経年劣化し、 最終的には破れてしまいます。

法定点検や日常点検がとても大切です。*(^0^)/*
当社の確かな技術と経験を兼ね備えた整備士にお任せ下さい!!

ページトップへ

あなたのお車のお悩み、解決します!

お車について日常感じているちょっとしたお悩みから、専門的なご相談まで、株式会社ハーツはお客様のご質問・ご要望に全力でお応えします。
気になることがございましたら、どうぞご遠慮無くお問い合わせください。お電話・メールフォームいずれからでも承ります。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

受付時間:9:30~19:00(夏季・年末年始・GW休)

082-926-2082
お問い合わせはこちら