施工事例

【パワーウィンドウ修理 レギュレーター交換】BMW 3シリーズ 3series

7104
整備

メーカー: BMW 輸入車

車名:BMW 3シリーズ 3series

年式:平成18年式 2006年式

施工内容:

【パワーウィンドウ修理 レギュレーター交換】 東広島市三永 F様

施工の流れ

7105

STEP1

STEP 1

お客様より、窓が下がったまま
上がらなくなったとの連絡があり、
修理にて入庫致しました。

輸入車に多い「窓落ち」の症状です。

原因の多くは、レギュレーターという
窓を支えている部品の一部破損で、
今回もこれが原因でした。

パワーウィンドウは、スイッチを押すことによって
電気を流してドア内部のモーターに
電気が伝わる仕組みになっています。

レギュレーターとは、そのモーターの回転を利用して
窓ガラスを開閉しているエレベーターのようなものです。

7106

STEP2

STEP 2

レギュレーターは主に金属で作られている部品ですが
間接部等にはプラスチックを使用しています。

その部分が年数が経過する毎に劣化し
「折れ」や「割れ」が生じてしまい、
それが故障の原因となってしまいます。

7107

STEP3

STEP 3

交換作業と致しましては、先ず
ドアトリムを外してガラスを下ろします。

その後、レギュレーターと
モーターを外して新品に組み替えます。

組み替えたら、逆の手順で
取り外した部品を元に戻していきます。

最後に、パワーウィンドウのオート機能が
きちんと動作しているか確認を行った後
問題無かった為、お客様へ納車致しました。

F様、この度は弊社にてお任せいただき
誠に有難う御座います!

ページトップへ

あなたのお車のお悩み、解決します!

お車について日常感じているちょっとしたお悩みから、専門的なご相談まで、株式会社ハーツはお客様のご質問・ご要望に全力でお応えします。
気になることがございましたら、どうぞご遠慮無くお問い合わせください。お電話・メールフォームいずれからでも承ります。

CONTACT

お気軽にお問い合わせください!

受付時間:9:30~19:00(夏季・年末年始・GW休)

082-926-2082
お問い合わせはこちら